《ゴールドパール》は田中産業株式会社が企画・開発・製造する国産高級タオルです
GOLDPEARL HOME
ごあいさつ ブランド紹介 online shop 会社概要 OEM製産 お問い合せ 資料請求

一番のポイントは「たっぷりの水で洗うこと」です。

タオルにとっての「理想のお洗濯」は、たっぷりの水のなかで泳がすようにヒラヒラと洗うことです。
そうすることで、繊維の摩擦を減らし、生地が傷みにくくなります。また、毛羽落ちや色移りを防ぐ効果もあります。
水の量が少ないと、繊維同士の摩擦で生地が傷んでしまいます。
生地を擦るタイプの洗濯機では、毛羽落ちが多くなりそれが色落ちしているように見えたりすることもあります。 最近の洗濯機は、節水型でなくても従来の洗濯機に比べると使用する水の量が少なく設定されているようです。
特に、ななめドラム式洗濯機では水量が少なく設定されておりますので、生地が傷みやすく、毛羽も出やすいようです。また、パイルが寝てしまい、ごわつきの原因になることもありますので自動で設定される水量よりもほんの少しだけ多めに設定されることをオススメします。
水は大切な資源ですので、節水することはとても良いことです!
しかし一方でタオルや衣類の風合いが悪くなったり、寿命が短くなったりすることも・・・・。
とても難しいことですがちょうどいいバランスでお洗濯できれば良いですね!


柔軟剤の入れすぎに注意しましょう

柔軟剤は繊維の表面に界面活性剤の層をつくることで静電気防止効果や、使用するたびに硬くなる綿製品の摩擦を減らし滑りを良くして柔らかく感じさせる効果があります。
反面 吸水性を損なう恐れがありますので、量に気をつけて使用されると気持ちよくお使いいただけると思います。
また、おろしたてのタオルにたくさんの量を使いますとパイルが抜けやすくなったり、毛羽が出やすくなったりします。最初のうちは出来るだけ少量の使用にして下さいね。


風通しの良い場所での陰干しがオススメ。
パンパンッと手で形を整えて、干すときれいに仕上ります。

長時間の直射日光は、繊維を硬くする要因になりますし、紫外線は色をはやく褪色させてしまいます。
風通しのよいところでパタパタとはためかせて乾かすのが理想的です。 空気を含ませパイルが開くように干すことでボリュームが増します。
ここで注意したいのが、“近くに引っかかるのもがない場所で干す”ということです。
タオル織はパイル糸が表に出ているのが特徴です。そのため爪、指輪、時計の鎖など身の周りにあるものでたやすく引き抜けやすい状態にあります。
もしも、パイルが引っかかってしまい延びた場合は、ハサミで根元から切ってください。 そのままにしておくと洗濯の時に絡みつき、ますます出てきてしまいます。
こまめに切っておくようにしましょう。
毎日使うものだからジャブジャブ洗っていつも清潔に保ちたいですね!



バックナンバー 「タオルの選び方、使い方」→
次回は「タオルの品質基準」について掲載する予定です。お楽しみに!


↑ページトップへ